magma|VOILLD|LAFORET MUSEUM

本日からラフォーレミュージアム原宿にて

magmaによる個展「magma's -magma 10th Anniversary exhibition-」

が始まりました。

 

magmaのお二人とは2015年から毎年

VOILLDで個展をご一緒させてもらって

展示時だけじゃなく色々なお仕事をさせてもらって

公私ともにお世話になりっぱなしなのですが

 

今回は結成10周年という、

素晴らしい節目にご一緒することができて

本当に光栄で胸がいっぱいです。

 

何かを10年間やり続けながら

しかもそのジャンルにおいて常にリードしている存在でいるということは

とてつもなく体力と勇気、そして根気がいることだと思う。

心の底からお二人を尊敬しています。

 

本当にたくさんの方にご協力いただきながら

1年以上もの期間をかけて準備したこの展示。

magmaの10年間の軌跡をたどれるような

100点以上にも及ぶ様々な新旧の作品をお披露目しています。

なかなかお目にかかれない巨大な作品や

個人蔵となっている貴重な作品までも、一挙に見れる機会となってます。

 

こんなことはもうまた10年間ないかもしれないので

是非見に来ていただけたら嬉しいです!!

 

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171029020650j:plain

会場でお待ちしております!

 

 

- - - - -

magma’s -magma 10th Anniversary exhibition- 概要
会 期: 2017年10月28日(土)~11月5日(日) 11:00~21:00
会 場: ラフォーレミュージアム原宿 (ラフォーレ原宿6階)
入場料: 無料
お問合せ: 03-3475-0411(ラフォーレ原宿)
主催:ラフォーレ原宿
企画/制作:ラフォーレ原宿、VOILLD
グラフィックデザイン:安田昂弘(CEKAI)

 

 

 

設営中にかけていた曲

 

とにかくこの一週間眠さMAX

LONDON

1ヶ月経つのが早すぎて、回り回って逆に慣れてきて

先日間違えて何かの用紙の今日の日付に2019年と書いていた。

こわい。

 

人生は本当に短い。

誰かが

時間こそ限りある資源だから大切に使わないといけないと、

言ってたのを思い出す台風の夜。

 

 

仕事とリサーチも兼ねて

毎年恒例のようになってきたロンドンに弾丸で行ってきました

 

日々、こねくり出す事が多すぎるため

どこかで吸収できる時間がないと駄目になる性分なので

一瞬、数日でも この時間はものすごく大切になっている

 

 

昔留学していたことがあるのですが

大人になってからは今年で3年目になったロンドン。

 

去年は帰りの飛行機を逃し

今年は最終日に携帯を無くすという失態をやらかしたため

(日本でもなくしたことなかったのに...)

友人と親に数枚だけラインで送っていた写真をお届けします。

 

本体は買えばいいからどうでもいいんだが

写真がとても悔やまれる....悲しい....本当に...

きっと何かの身代わりになってくれたと願う...

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023004715j:plain

いつも真っ先に行くTATE MODERN

ここから見える景色が好き

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023004844j:plain

草間彌生先生の作品

この時はまだ携帯がある

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023004945j:plain

美術館の壁を塗っている現場...混ざりたい

日本だと閉館後とかにやるんだろうけれど

ヨーロッパとかアメリカってオープン中にこういうことしている気がする

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023005452j:plain

親に送ったトラファルガースクエアの写真

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023004527j:plain

ダリとデュシャンの展示

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023005613j:plain

大好きなJake & Dinos Chapmanの展示

とても良かった

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023010652j:plain

トーマス・ルフ

 

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023005212j:plain

廃棄され待ちの電話ボックス

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023005305j:plain

 

 

以上です

 

 

 

 

おい!何してたんだって感じなので、

(本当はすんごい頑張った...)

中でもとても作品が素敵だった展示です

 

Serpentine Sackler Gallery

Torbjørn Rødland: The Touch That Made You | Serpentine Galleries

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023011712j:plain

 

Serpentine Gallery

Wade Guyton: Das New Yorker Atelier, Abridged | Serpentine Galleries

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023011804j:plain

 

Newport Street Gallery

Dan Colen: Sweet Liberty - Newport Street Gallery

f:id:hynm_haruhi_ise:20171023012000j:plain

 

 

 

 

 

台風の夜にぴったりな今日の一曲

ARTHUR JAFAというアーティストの

「LOVE IS THE MESSAGE, THE MESSAGE IS DEATH」という

人種差別やロス暴動にフォーカスした映像作品に使われていて

つい涙が出た曲

 

たまには大人しく早く寝よう...

 

VOILLD|とんだ林蘭個展終了

先週末にとんだ林蘭の個展が無事終了しました。

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171005011954j:plain

展示が終わると必ずこのポーズで写真を撮ります

 

 

 

たまに、なんでこのポーズで写真を撮るのか聞かれるのですが

いわゆるな業界っぽい写真が苦手だったのと、

Bガールっぽい感じを出そうと思ったらこうなりました。

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20171005012442p:plain

いわゆるな業界写真

 

 

 

今年でなんと4年目だった、VOILLDでのとんださんの個展。

来てくださった方々、ありがとうございました。

 

毎回、全然違うアイディアが飛び出すので面白い。

良いとか悪いとか、可愛いとかそうでないとか、

もはやそういうことでなくて

なぜ惹きつけられるのか、毎回考えさせられる。

来年もできるといいな。

 

 

 

 

まだ着てないTシャツ山ほどあるのに

 

もう秋

 

別れも一つの 旅立ちだから

VOILLD|今日のお客さま

f:id:hynm_haruhi_ise:20170930160212j:plain

SMAPが来てくれた(3年連続)

 

その後に加賀美さん

 

 

 

加賀美さんと出会ってから、

物の価値観や作品の考え方の幅が本当に変わって

私のスターで、永遠のヒーローのような存在です

 

 

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20170930163121j:plain

2015年にVOILLDで加賀美さんとご一緒させてもらった展示の様子

かっこういい

 

 

 

 

今の気持ちの一曲

どうしてこんなに ただ前に進まなきゃならない?

最後のTHE DAYでの連載

すっかり涼しくなって秋になってしまいました。

 

秋は何かと色んな事に欲深くいれるので楽しい。

そして年末までに色んな事を片付けなければ、という気になって

毎年持ち越してしまうのが常です。

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20170924160422j:plain

秋 で検索して一番最初に出てきた画像。カワイイ

 

 

 

 

THE DAYさんで1年半、

10回にわたり連載させていただいていた

「アートでもこうでもない」というコーナーが最終回となりました。

 

最後の連載はアーティスト、モデルとしても活躍中の

Colliuさんと対談させていただきました。

現在発売中ですので、是非読んでいただけたら嬉しいです!

 

f:id:hynm_haruhi_ise:20170924162224j:plain

 

飽き性の私が1年半も連載を続けさせてもらえたなんて

奇跡のようでした。泣ける、、

本当にありがとうございました。

 

 

そんなですが気づけばVOILLDも4年目に突入しております。

頑張るぞ、、

 

 

 

ちょっと切ない今日の1曲

学生時代を思い出す...

最近見た展覧会

最近二日酔いじゃなくても頭が痛い。

むしろこの頭痛は二日酔いのせいじゃなかったのかと思い

悲しい、、、

 

そして急に寒い。

何着ていいのかわからないこの時期は

外に出るのを止めたくなります。

 

誰かが、恋はジャケットみたいに着たり脱いだりできないんだよって

言ってたな、、

意味わからない、、、

 

めげないぞ。

 

 

 

最近見に行った素敵な展示

 

 

 

BOOKMARC x DAVID SIMS & FERGADELIC

f:id:hynm_haruhi_ise:20170917130945j:plain

f:id:hynm_haruhi_ise:20170917131042j:plain

Aries

というブランドに向けてDavid Simsが撮影したビジュアルブックの中から

厳選された作品が展示されていました。

色味があるようで無いような生暖かい風景の作品郡で、

青くて無骨というか、、何気無いのに気になるというか

今でもすごく格好いい写真を撮られてらっしゃる

とても良かったです

BOOK MARCで写真集が売っているそうなのでぜひです。

 

 

David SimsといえばRAF SIMONSのisolated heroes

f:id:hynm_haruhi_ise:20170917131907j:plain

なつかしい

この質感のポートレイトを見ただけで

RAF SIMONSぽさとDavid Sims感が一瞬で分かる、

シンプルだけどこのフォーマットを作ったことって本当に凄い。かっこよすぎる

 

 

 

もうひとつはこれ

f:id:hynm_haruhi_ise:20170917132508j:plain

有無を言わさず良かったです。

荒木先生のイメージの中で、センチメンタルな旅が強すぎて

他の作品が全然入ってこないぐらいこのシリーズのファンです。

 

写真だけでこんなに物語を作れるなんて、

こんなに感情を揺さぶられたことはない

見ようと思えば数分で流し見れてしまうかもしれないけど、

1枚1枚が巧妙につながっていて、それぞれが色んなことを伝えてくる

長編映画を見ているような気分になる。

荒木先生の展示に行かれたことない方は是非見て欲しい展示です。

 

センチメンタルな旅の展示は数多く開催されているんですが

今回のこれは物凄くいいと思います

 

 

 

最後はこれ

f:id:hynm_haruhi_ise:20170917134344j:plain

アーティストの加賀美健さんCOBRAさんによるユニットの作品展。

映画仕立てのサスペンス風コメディ短編映像作品が見れました。

色んな意味で期待以上で一人で爆笑してしまいました。最高だった。

爆笑する作品って、あんまり無いからすごい。

 

加賀美さんの過去の立体作品なども展示されているので必見です。

 

 

 

 

 

雨の日に聴きたくなる、今日の一曲

冒頭の中居くんがめっちゃ怖い...